CFRP(カーボン)の美しさの極限へ

従来は難しかった、カーボン素材の表面加工を狭山車体工業オリジナルの技術で実現。
これまでになかった、滑らかな手ざわりと深いツヤを与え、紫外線などによる表面の劣化を軽減します。
独特の素材感をより美しく演出することで、カーボンの多様なシーンでの可能性を広げます。

素材感 ~優秀な素材に新たな価値を~

カーボン素材(CFRP、GFRP他)は軽くて丈夫なことから、レース用車両の軽量化のために用いられ、また美しい網目模様からドレスアップパーツの素材としても多く用いられています。
しかし、過酷な気象条件にさらされると黄色っぽく変色し、古びて見えてしまうのが難点でした。

美観向上 ~素材の美しさを超えたその先へ~

CFRPは多孔質ですから、通常のコート剤では素材自体が吸収してしまい、思うような効果が出せません。美観を向上させるためには、磨きをかけてツヤを出すのが一般的でしたが、それにも限界がありました。
当社では、素材の特性でもある微細な孔を埋める技術を開発、カーボン素材の魅力を最大限に高めることができます。

持続力 ~なめらかな手触りとツヤ、続く美しさ~

これにより、ポリッシングだけでは得られないツヤ感と表面の滑らかさが与えられるとともに、紫外線による黄変を大きく軽減し、長期間美観を保ちます。
独特の素材感をより美しく演出することで、カーボン素材の多様なシーンでの可能性を広げます。

お問い合せはこちらから
© Copyright Sayama Shatai Kogyo Co.,Ltd.